癌の転移は早期に治療を受けよう|名医に相談だ!

医者

病院選びが重要

初期症状が明確です

医者

がんの中には、すい臓がんや十二指腸がんのように初期症状に目立った特徴がなく、がんだと気が付きにくいものもあります。その点胆管がんは、特徴的な初期症状があります。それは、黄疸とそれに関連する症状です。胆管がんになると、腫瘍に圧迫され胆管が狭くなります。そうすると胆汁が流れにくい状態になります。胆汁が胆管から逆流が起こり、血液の中に胆汁が混じります。血液中のビリルビン濃度が上がるために皮膚が黄色くなるのです。胆汁が流れにくくなることで、白色便がでるようになります。又血液中のビリルビン濃度の上昇により尿が茶色っぽくなります。皮膚が痒くなるなどの症状もあります。このように、胆管がんは比較的異変に気が付きやすいことが特徴です。いつもと違うと感じたら、すぐに医師の診察を受けましょう。

比較的難易度が高い

胆管がんの疑いがあれば、まずは血液検査と超音波検査をします。検査の結果胆管がんと診断されたら、治療に入りますが切除手術が行える場合と行えない場合があります。比較的がんが進行していない場合には切除できます。しかし胆管がんが出来ている部位によっては切除が難しいと判断される場合もあります。診察する医師により判断が分かれる場合もあります。胆管がんの治療を受けるなら、信頼できる専門医を見つけることが大切です。どうしても納得がいかないようでしたら、セカンドオピニオンを受けてみるのも一つの手です。胆管がんの切除手術は比較的難しい部類に入ります。合併症などのリスクも比較的高いので、病院選びは非常に重要になります。