癌の転移は早期に治療を受けよう|名医に相談だ!

医者

早期発見がポイント

自覚症状が少ない

ドクター

「食道がん」という病気は、がんの中でも良く聞く傾向にあります。食道がんになると、食べ物が満足に食べられなくなり、水分も摂れず身体が痩せ細っていくのが特徴です。しかし、これらの症状はがんが進行した状態のため、早めに治療すればこのような状態になる前に完治する事は可能です。食道がんの特徴は、際立った症状が現れにくい事です。自覚症状がない分、発見が遅れて進行してしまったという状況は少なくありません。治すためには、日頃から自分の体調に気を配り、少しの異常を感じたらすぐに専門機関で診てもらう事が大切です。食道がんは食道に出来る腫瘍のため、症状としては物が飲み込みにくくなる事が挙げられます。また飲み込んだ後に、胸が熱くなって焼けた感覚があるのが特徴です。この段階はまだ早期なので、早めに検査を行いましょう。

転移の可能性

食道がんに限らず、がんという病気は「転移」する事が多いため注意が必要です。食道がんも治療した後に、完治したと思ったら数年後に再発という話もあります。これは身体に残っていたがん細胞が、他の臓器に転移して侵してしまった事が考えられます。また食道がんが進行すると、食べ物が飲み込めず身体に必要な栄養を摂る事が出来なくなります。そのため身体は痩せて、循環機能や消化機能など様々な機能が働かなくなると言えます。このような状態にならないためにも、早期発見が大切です。早期発見で治療を行えば、今の技術では完治も可能です。日頃から自分の体調をチェックし、気になる点があれば内視鏡検査などで病気の確認をしましょう。がんの転移や進行を防ぐためには、小さい症状の内から対処する事が重要です。身体の不調は放っておかず、きちんと専門医で検査をしてもらう事で大きな病気を予防する事が可能です。